ローカル・ルール

  1. アウト・オブ・バウンズの境界は、白杭をもって標示する。
  2. 修理地は青杭を立て、白線をもってその限界を標示する。
  3. 排水溝は、動かせない障害物とする。
  4. 薬師コース9番ホールの電磁誘導カート用の2本の軌道は、全幅をもってカート道路とみなす。球がこのカート道路の上にある場合、競技者はゴルフ規則24-2b(i)の救済を受けなければならない。このローカル・ルールの違反の罰は、2打。
  5. 人工の表面をもつ道路に接した排水溝は、その道路の一部とみなす。
  6. 樹木保護のための巻物施設(巻網など)はコースと不可分の部分とする。
  7. 球が高圧送電線に当った場合は、そのストロークを取り消し、罰なしに再プレーしなければならない(ゴルフ規則20-5)。その球をすぐには取り戻せない場合は、別の球に取り替えることができる。
  8. 有磯コース3番ホールと薬師コース1番ホールの間にある防球ネット(動かせない障害物)からの救済を受ける場合は、その障害物の上を越えたり、中や下を通さずにニアレストポイントを決めなければならない。このローカル・ルールの違反の罰は、2打。
  9. 上記ローカル・ルール8に関わる管理道路と防球ネットの間の区域(管理道路も含む)をプレー禁止エリアとする。その区域に球が止まった場合は、球が止まっている箇所に最も近くかつ、ホールに近づかない所にニアレストポイントを決めなければならない。
  10. コース内のヤード表示杭は、動かせない障害物とする。
  11. フェアウェイ中央にあるヤード表示板(埋設板)及び黄色旗のカップは、動かせない障害物とする。
  12. フェアウェイ中央にあるヤード表示杭(白・赤・青杭)及び黄色旗は、動かせる障害物とする。
  13. 薬師コース8番ホールより、神通コース1番ホール・神通1番ホールより薬師8番ホールへ入った球は、アウト・オブ・バウンズとする。
  14. グリーンに近接する動かせない障害物による障害からの救済はゴルフ規則24-2により受けることができる。加えて、球がグリーン外のハザードでない所にある場合で、動かせない障害物(スプリンクラーヘッド)が(イ)グリーン上かまたはグリーンから2クラブレングス以内にあり、(ロ)球からも2クラブレングスの範囲内で、しかも(ハ)球とホールの間のプレーの線上にかかっているときは、プレーヤーは次のような救済を受けることができる。その球は拾い上げて、(a)ホールに近づかずに、(b)障害物の介在が避けられる、(c)ハザード内でもグリーン上でもない場所で、球のあった箇所に最も近い所にドロップしなければならない。拾い上げた球はふくことができる。
    このローカル・ルールの違反の罰は、2打。
  15. スルーザ・グリーン内の樹木の切り株は、動かせない障害物とする。
ページの先頭へ