ローカル・ルール

  1. アウト・オブ・バウンズの境界は、白杭のコース側の地表レベルで結んだ線によって定められる。
    (薬師コース8番ホールより神通コース1番ホールへまた、神通コース1番ホールより薬師コース8番ホールへ入った球は、アウト・オブ・バウンズとする)
  2. レッドペナルティエリアは赤杭をもってその限界を標示する。
  3. 修理地は青杭を立て、白線をもってその限界を標示する。ただし、次のものを含む。
    • プレーヤーの球が張芝の継ぎ目の中にあるか、触れている場合、あるいは継ぎ目がプレーヤーの意図するスイング区域の障害となっている場合、(a)ジェネラルエリアの球は、規則16.1bに基づき、(b)パッティンググリーン上の球は、規則16.1dに基づきそれぞれ救済を受けることができる。しかし、その継ぎ目がプレーヤーのスタンスだけの障害となっていても、それ自体は規則16.1に基づく障害とはみなされない。張り芝の区域内のすべての継ぎ目は同じ継ぎ目とみなされる。(違反は2打罰)
  4. 動かせない障害物
    • 排水溝等の人工の固定物。(神通9番の距離表示板を含む)
    • 人工の表面を持つ道路に接した排水溝。(その道路の一部とみなす)
    • ジェネラルエリア内の樹木の切り株。
    • フェアウェイ中央にあるヤード表示板(埋設板)及び旗のカップ。
    • 薬師コース9番ホールの電磁誘導カート用の2本の軌道は全幅をもってカート道路とみなす。球がこのカート道路の上にある場合、競技者は規則16.1aの救済を受けなければならない。(違反は2打罰)
    • 有磯コース3番ホールと薬師コース1番ホールの間にある防球ネットからの救済を受ける場合は、その障害物の上を越えたり、中や下を通さずに完全な救済のニアレストポイントを決めなければならない。このローカル・ルールに関わる管理道路と防球ネットの間の区域(管理道路を含む)をプレー禁止区域とし、異常なコース状態として扱う。
      その区域に球が止まった場合は、規則16.1fに基づいて罰なしの救済を受けなければならない。(違反は2打罰)
    • 球がパッティンググリーン外のジェネラルエリアにある場合で、動かせない障害物がパッティンググリーンから2クラブレングス以内にあり、かつ球からも2クラブレングスの範囲内で、しかもプレーの線上にかかっているときは規則16.1に基づき救済を受けることができる。ただし、プレーヤーが明らかに不合理なプレーの線を選択する場合、このローカルルールは適用しない。(違反は2打罰)
  5. 動かせる障害物
    • フェアウェイ中央にあるヤード表示杭(白・赤・青杭)及び旗。
  6. ジェネラルエリア内の樹木保護のための巻物施設(巻網など)はコースと不可分の部分とする。
  7. 球が高圧送電線に当ったことが分かっている、または事実上確実な場合、そのストロークはカウントしない。プレーヤーは罰なしに直前のストロークを行った場所から球をプレーしなければならない(ゴルフ規則14.6)。その球をすぐには取り戻せない場合は、別の球に取り替えることができる。
  8. 薬師コース8番・9番、神通コース1番・9番で打球がレッドペナルティエリアの中にあるか、または事実上確実である場合、1罰打を加えて、指定ドロップゾーンにドロップすることができる。このドロップゾーンは規則14.3に基づく救済エリアである。(違反は2打罰)

本ローカル・ルールに適用のない事項はすべてJGA競技規則による。
この、ローカル・ルールに追加変更のある場合は、クラブハウスに掲示しその日より効力を発する。

ページの先頭へ